JIC 日本インシュレーション株式会社
サイト内検索
Select a language: 日本語 English 한국어 簡体中文 繁體中文 Việt


商品案内
会社案内
ゾノトライトとは
採用情報
ショールーム
トップページ
サイトマップ
一般建築分野
住宅分野
船舶分野
プラント分野
工業設備分野
素材分野
鋼管柱・耐火1時間向け水系耐火塗料「タイカベール」を開発  
 

広報資料 平成26年6月18日
(当社プレスリリース資料より掲載)
日本インシュレーション株式会社(JIC)

鋼管柱・耐火1時間向け水系耐火塗料
「タイカベール」を開発,今秋に新発売

日本インシュレーション株式会社ではこの度,鋼管柱・耐火1時間向けの水系耐火塗料「タイカベール」を開発しました。耐火塗料は,火災の加熱によって耐火塗料に含まれる発泡剤が発泡して断熱層を形成し,鋼管柱の温度上昇を抑制する耐火被覆材料です。
 物流施設や駐車場などで,柱を「タイカベール」で,はりを「けいカル板(当社製品はニュータイカライト)」で耐火被覆すると,両方の被覆材の特長を活かし,資産価値の高い施設設計をすることができます。
なお,本商品は,既に過日,耐火性能等評価試験に合格し,現在,建築基準法に基づく耐火構造認定の取得を国土交通大臣宛に申請準備中です。
 発売は今秋の予定です。

photo

【特徴】

  • コンパクトな納まり: 種々の耐火被覆工法のうちでも,耐火塗料による工法は最も納まりが小さく,有効面積を広く取ることができます。
  • 安心の水系塗料: 水系塗料なので,溶剤系塗料のように引火の危険がなく,施工中や施工後の有機溶剤特有の強い臭気もありません。また水系ですので各種の錆止め塗装との付着性能は良好です。さらに,タイカベールは一材型ですので現場配合の必要はなく,施工負荷を低減できます。
  • 市販の防錆塗料・仕上げ塗料が利用できる: 下塗材は一般的な錆止め塗装ですので,工場塗装の鋼材が利用できます。また,タイカベール(耐火塗料)塗装後の仕上げ塗装(上塗)も一般アクリル樹脂塗料を利用でき,自由な塗色の選択が可能です。

◆「タイカベール」は,当社施工(材工)のみの取扱いで,材料販売は行っておりません。

photo

■お勧めします!
柱・タイカベール&はり・けいカルのハイブリッド耐火被覆

物流施設や駐車場などでは,柱を「タイカベール」で,はりを「けいカル板(当社製品はニュータイカライト)」で耐火被覆すると,両方の被覆材の特徴を活かすことができます。

  • 柱: タイカベールで,よりコンパクトに仕上げることができます。もしも柱に人や車がぶつかっても被覆材の破損の程度は他の耐火被覆材よりも比較的少なくすみ,補修も簡単です。
  • はり: けいカル板で施工すると,素地でも明るく仕上がります。 また,塗料より安価ですので美観とコストを両立できます。
photo

以上(添付資料省略)


会社概要

本社

大阪市中央区

代表者

社長 大橋 健一

創業

大正3年4月8日

設立

昭和24年1月14日

売上高

約90億円 (平成25年3月期)

資本金

744百万円(平成26年4月)

社員数

356人(平成25年4月1日現在)

URL

www.jic-bestork.co.jp

主な事業

けい酸カルシウム系耐火・不燃建材,保温材の製造・販売/耐火被覆工事の設計・施工,工業用プラント保温工事の設計・施工

(平成26年10月31日時点追加掲載)
平成26年10月22日付で耐火1時間の大臣認定を取得しました。 →商品ページはこちら

 
|JIC製品の設計・施工上の注意事項| プライバシーポリシー|
Copyright (C) JAPAN INSULATION CO., LTD. 1997-