HOME > 採用情報 > プロジェクト事例 > 火力発電所

プロジェクト事例

Project Story

誇れる仕事,語れる仕事
先輩社員の仕事紹介


Story1.火力発電所

国内最大規模の発電所の配管保温材に活用

中部電力株式会社
碧南火力発電所

国内最大規模の火力発電所で,合計出力は410万kwに達します。また,同発電所のPR館である「へきなんたんトピア」や野鳥観察エリア,海釣り公園も併設され,地域との共生を目指し,環境に配慮した新しい発電所のモデルとして注目されています。


※「へきなんたんトピア」には,風力(250kw)/太陽光(10kw)発電など,自然エネルギー発電装置があり,電源の一部として活用されています。

電力供給量

1号機 70万kw

平成3年10月運転開始

2号機 70万kw 平成4年6月運転開始
3号機 70万kw 平成5年4月運転開始
4号機 100万kw 平成13年11月運転開始
5号機 100万kw 平成14年11月運転開始

このプロジェクトに携わった先輩社員

職場の生の声を聞くことで成長を実感

本件の火力発電所のプロジェクトでは私自身が現場監督と打ち合せするなど営業担当者の一部の業務を担いながら,数量や納期などの工程全体をマネジメントしました。ご採用いただいた製品は直管用と曲がり配管用の保温材でしたが当社規定サイズ以外の注文もあり施工現場で詳細を確認しました。
監督や工事担当など現場の声を聞くことができたのは貴重な経験で,営業担当の苦労も知り,自身の成長を実感しました。トラック単位を意識して無駄がない物流手配を実施し,「運送料が削減できた」との喜びの声もいただけました。今後もお客様に喜ばれる品質の確保と納期の遵守を心がけます。

マイナビ

マイナビ