企業を知る

TECHNOLOGY

高い技術力
ゾノトライト系けい酸カルシウム建材のパイオニア

けい酸カルシウム製品の耐熱性


世界的にその品質が認められている当社のゾノトライトけい酸カルシウム製品。
ゾノトライトとは,石灰とけい石を水熱合成したけい酸カルシウム水和物の一種で,耐火材料として優れた性能を持ちます。当社は,このようなゾノトライトの特性を活かし,1000度で3時間の加熱に耐え,省エネ効果の高い耐火・断熱材を商品化。けい酸カルシウム建材のパイオニアとして,大きなシェアを確立しています。また,その製造技術を欧米の大手建材メーカーにも供与するなど,技術パイオニアとしても業界をリードしてきました。

→ゾノトライトに関する詳しい情報はこちら


世界へ輸出されるJICの技術

当社の開発製品である耐火建材「タイカライト」と保温材「ダイパライト」。それぞれの製品化を1968年,1976年に発表した際,耐火性能に優れた革新的素材として世界中から注目を浴び,現在は世界に普及しています。
さらに,世界中の大手建材メーカーから技術供与のオファーを受け,ベルギーのプロマット社やアメリカのパブコ社に製造技術を輸出しました。

特許・実用新案を350件以上取得

当社は1966年にけい酸カルシウム系断熱材の製造技術を確立して以来,次々と高性能断熱材を生み出してきました。国内では250件以上の特許・実用新案の取得実績を,海外では15カ国以上で100件以上の特許の取得実績があります。

マイナビ2020