U-BRID性能の紹介

U-ブリッドによる省エネルギー・CO2削減事例/JIS 1号-15品との比較

60万kW石炭発電設備の場合

省エネルギー効果 CO2削減効果
省エネルギー効果 二酸化炭素の削減効果

 効果事例の算出条件 

  • 保温材厚は双方同じ
  • 年間使用時間を8000時間として計算
  • ボイラー配管保温材:内径平均394.5φ×材厚平均105㎜の保温材を5532m施工
  • タービン配管保温材:内径平均183.8φ×材厚平均59㎜の保温材を6828m施工
  • ボイラー配管・タービン配管以外は算出しない
  • 熱量価格は5円/kWh (保温JIS解説2006年版の計算例より)

22万バレル石油精製設備(1次設備)の場合

省エネルギー効果 CO2削減効果
省エネルギー効果 二酸化炭素の削減効果

 効果事例の算出条件 

  • 保温材厚は双方同じ
  • 年間使用時間を8000時間として計算
  • プラント設備配管等保温材:内径平均130φ×材厚平均56㎜の保温材を14117m施工
  • 機器用保温材:材厚平均82㎜の保温材を4140㎡施工
  • 熱量価格は5円/kWh
  • (保温JIS解説2006年版の計算例より)